歯周外科治療(歯肉剥離掻爬術)の症例

歯周病症例

歯周外科治療(歯肉剥離掻爬術)の症例

治療前

この方は重度歯周病で歯の動揺が大きかったため、一時的にワイヤーで歯を固定しています。

ここで見ていただきたいのは歯肉の上側に歯周病菌は付着していないので一見綺麗に見えますが、実際には一部切開をし歯肉の中を見てみると↓

 

外科処置中

歯周病菌が残っていました。

歯周病が進みすぎると、歯周ポケットが深くなり手探りの感覚だけの歯周病菌の除去(スケーリングルートプレーニング)では限界が出てきます。外科的にすることで歯科医師が目で歯周病菌を確認できるので、歯周病菌をしっかり除去できます。

 

治療後

治療内容 歯肉剥離掻爬術
費用 保険適応
期間 約2ヶ月
リスク・副作用 歯肉退縮が起こることがありますが、これは歯肉が引き締まって健康に回復した状態です。

外科処置が必要です。

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

関連記事

2022.05.25 侵襲性歯周炎を治療した症例
2020.11.17 痛みのない歯周内科治療3DS(Dental Drug Delivery System)
2020.09.16 歯周組織再生療法(エムドゲイン)の症例
2020.09.16 スケーリングルートプレーニングのみで治療した症例