歯茎が白い五つの原因!健康被害の有無から対処法まで徹底解説|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタルク...

歯科コラム

歯茎が白い五つの原因!健康被害の有無から対処法まで徹底解説|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタルクリニック

歯茎が白い五つの原因!健康被害の有無から対処法まで徹底解説|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタルクリニック

「歯茎が白く変色していて人前で口を開けられない…」「歯茎が白く変色しているけれど、健康被害は無いのかな?」このような悩みをお持ちではありませんか?歯茎が白く変色していると、人からの印象が気になってしまいますよね。やはり見た目もよくないですし、歯のケアをしていない不潔な人だ、と思われてしまうかもしれません。

 

また見た目や印象の問題だけでなく、歯周病や何かの病気のサインなのでは?と気になっている方も多いのでは無いでしょうか。そこで当記事では、以下の内容について解説していきます。

 

  • 歯茎が白く変色する5つの原因とは?
  • 喫煙(タバコ)は歯茎が変色する原因になる?
  • 歯茎の白い変色は自宅で治療できる?
  • 歯茎の白い変色の具体的な治療方法

 

当記事を読めば、歯茎が白く変色する原因はもちろんのこと、適切な対処法や治療の必要性などが理解できるでしょう。今すぐに歯茎の白い変色を改善したいという方は、当院のカウンセリングをおすすめします。カウンセリングは無料なので、歯茎の状態が気になる方はぜひご相談ください。

 

無料カウンセリング相談フォーム

 

歯茎が白くなる原因とは?5つの原因を徹底解説

歯茎が白く変色している場合は、主に以下の5つの原因が考えられます。

 

  • 歯茎が白い原因①:歯茎の血行不良
  • 歯茎が白い原因②:歯が割れている
  • 歯茎が白い原因③:歯の根が化膿している(根尖病巣)
  • 歯茎が白い原因④:口内炎
  • 歯茎が白い原因⑤:歯肉ガン

 

5つそれぞれの原因について、以下で詳しく解説していきます。今現在すでに歯茎が白く変色している方は、原因を知ることで適切な対処ができるでしょう。また上記の原因に自身に当てはま流ものがなくても、知っておくことで今後歯茎が白く変色する予防が行えます。それでは以下で、各原因についてさらに詳しく解説するので、必ずご覧になってくださいね。

 

歯茎が白い原因①:歯茎の血行不良

歯茎が血行不良を起こしていると、歯茎の色が全体的に白っぽく変色して見える場合があります。ではなぜ歯茎が血行不良を起こすのかというと、最も大きな原因は喫煙と言われています。

 

タバコの煙に含まれる一酸化炭素が、口腔内の組織の酸素不足を引き起こします。さらにタバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、血行不良を引き起こすのです。

 

血行不良によって白くなった歯茎は、歯ブラシで歯茎をマッサージすることで血行を促進し、正常な色に戻すことができます。しかし血行不良が重度の場合は、それだけで直すことができない場合も。そういった場合は禁煙するか、歯科を受診するのがお勧めです。

 

また喫煙の影響はそれだけではなく、メラニン色素が沈着することで、歯茎が黒っぽく変色する場合も。歯茎が黒く変色した際の対処法などは、こちらの記事でさらに詳しく解説していますので、併せてご覧ください。>>【保存版】歯茎が黒くなる五つの原因!健康被害の有無から対処法まで徹底解説

 

歯茎が白い原因②:歯が割れている

歯や歯の根っこが割れたり、ヒビや傷があると、そこから歯茎の内部に細菌が入り込み白っぽく腫れることがあります。

 

例えば過去に、抜髄(歯の中の神経や血管を抜く治療)を経験した方は、歯が割れたりヒビが入りやすい場合があります。また歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある方も、同様に歯が割れやすくなっている可能性があるでしょう。

 

その他にも、外部からの衝撃で歯が割れることもあります。こけて地面に顔を強く打ちつけたり、ものにぶつけたりといった衝撃で歯が割れてしまった患者様も多いです。

 

これらの内容に心当たりがあり、歯茎が白く腫れている方は、歯茎内部で細菌が増殖している可能性があります。放置してしまうと、腫れが悪化して痛みがでたり歯周病に繋がることも。歯茎内の洗浄や差し歯への交換など、歯科で適切な処置を行いましょう。

 

歯茎が白い原因③:歯の根が化膿している(根尖病巣)

歯茎が白い原因③:歯の根が化膿している(根尖病巣)

歯の根が化膿している、歯科用語でいう根尖病巣(こんせんびょうそう)という状態になっていると、歯茎が白く腫れることがあります。

 

歯や歯の根の中には、痛覚や栄養供給を歯髄(しずい)と呼ばれる神経が存在します。しかし虫歯などの影響で歯髄が壊死してしまうと、歯髄にバクテリアが入り込んでしまいます。そうしてバクテリアが発生させる毒素が、歯の根の骨を溶かして痛みや腫れの原因となるのです。

 

根尖病巣は痛みや腫れが生じるだけでなく、そこで溜まった細菌が血管を通して全身に運ばれることで、他の臓器や組織の病気の原因ともなります。歯茎に白い大きなできもののような腫れができた場合は、根尖病巣を疑ってすぐに歯科の診察を受けることをお勧めします。

 

歯茎が白い原因④:口内炎

口内炎(特にアフタ性口内炎と呼ばれるもの)を発症すると、歯茎に白い膜のようなものができ、それが歯茎が白く見える原因に。口内炎というとほっぺたの裏側のあたりにできるのを想像する方も多いでしょうが、アフタ性口内炎は歯茎にも発症します。アフタ性口内炎の特徴として、白い膜ができることと、痛みを伴うことが挙げられ、特に咀嚼の際に痛みが強くなることが多いようです。

 

アフタ性口内炎は、睡眠不足やストレスによって発生する他、口腔内の衛生環境が悪くなることでも発症します。通常はよく眠りオーラルケアをしっかりとすれば、3日程度〜長くて1週間ほどで治ります。ですが場合によっては、何度も再発を繰り返すことも。

 

歯茎が白くなるだけでなく、痛みによって食事がし辛くなったりもするので、再発を繰り返す場合は歯科を受診すると良いでしょう。

 

歯茎が白い原因⑤:歯肉ガン

歯茎が白くなる原因の一つとして、歯肉ガンが挙げられます。歯肉ガンによってできた腫瘍が、歯茎を白っぽく見せることがありますが、発症初期の歯肉ガンは口内炎と見分けが付きづらい場合も。

 

口内炎であれば、先述の通りほとんどが3日〜1週間で治りますが、歯肉ガンは自然に治ることがありません。むしろ腫瘍が大きくなっていき、痛みがでたり出血を伴うようになるので、そういった場合は歯肉ガンを疑うべきでしょう。

 

歯肉ガンをはじめとした口腔ガンは、日本では年間6,000人以上が発症し、3,000人以上が亡くなる病として知られています。特に発症初期の歯肉ガンは口内炎や歯周病と間違えやすいため、歯茎が白く変色していると感じたら、すぐに歯科を受診しましょう。

 

喫煙(タバコ)は歯茎が白く変色する原因になる?

喫煙(タバコ)は歯茎が白く変色する原因になる?

喫煙をすることで歯が茶色くなる、歯茎が黒くなる、といった印象を持っている方は多いでしょう。では喫煙は、歯茎が白くなる原因にはなるのでしょうか。

 

実は喫煙によって歯茎が血行不良を起こすと、歯茎が白く変色して見えます。また歯茎が白く見えるだけでなく、メラニン色素が沈着して歯茎が黒く見える場合も。

 

喫煙は歯の色が茶色くなるだけでなく、歯茎の色にも悪影響を及ぼすのです。血行不良で歯茎が白く見えている場合は、禁煙するか、歯茎をしっかりと歯ブラシでマッサージすることで血行を促進することで改善が期待できます。歯茎が黒く変色してしまった場合の対処法は、こちらの記事でさらに詳しく解説していますので、併せてご覧ください。>>【保存版】歯茎が黒くなる五つの原因!健康被害の有無から対処法まで徹底解説

 

歯茎の白い変色は自宅で治療できる?こまめな口腔ケアを心がけよう!

歯茎の白い変色は、その変色の原因次第では自宅での治療も可能です。例えば先述したタバコによる血行不良が原因であれば、歯ブラシで歯茎のマッサージを行って血行を促進すれば、改善の見込みがあるでしょう。

 

また歯茎に細菌が入り込んだり、口内炎ができて歯茎が白く変色して見えている場合も、自宅での治療で改善する可能性があります。オーラルケアを徹底して細菌が増殖しにくい口腔環境を作ることで、予防改善が期待できます。

 

ですが歯が割れて歯茎の内部に細菌が入ってしまった場合や、歯髄が壊死してしまっている場合、重度の歯周病が発症している場合などは、自宅でのケアではどうしようもありません。さらに警戒したいのが、歯肉ガンを発症している場合です。歯肉ガンが発症していると歯茎が白く変色して見える場合がありますが、特に初期の歯肉ガンは口内炎や歯周病と見分けるのが非常に難しいです。

 

歯肉ガンのことも加味すれば、やはり歯茎が白く変色しているのに気付いたら、一度歯科を受診するのがおすすめです。もちろん普段からのこまめな口腔ケアで、様々な歯茎が白くなる原因を予防できるので、自宅での口腔ケアもしっかりと行いましょう。

 

歯茎の白い変色は完治する?主な治療方法を3つ解説

歯茎の白い変色は完治する?主な治療方法を3つ解説

ここまでは、歯茎が白く変色する原因やその予防方法、また自宅で治療ができるかといった内容に触れてきました。結論としては、自宅での治療は概ね難しいということでしたね。

 

では、歯科で治療を行えば、歯茎の白い変色は治るのでしょうか。ここからは歯茎の白い変色を治すための、歯科での具体的な治療方法として、以下の3点を解説します。

 

  • 白く変色した歯茎の治療①:歯周病治療を受ける
  • 白く変色した歯茎の治療②:膿を出して歯の根をキレイにする
  • 白く変色した歯茎の治療③:抜歯する

 

歯科での治療というと「痛そう」「費用が…」と感じる方もいるでしょう。ですが先述の通り、歯肉ガンが発症している可能性もあるため、最低でも歯科で検診は行うべきです。その上で自宅での治療で十分なのか、歯科での治療が必要なのか、担当医と相談するのが良いでしょう。

 

白く変色した歯茎の治療①:歯周病治療を受ける

歯茎に炎症が起きていたり、口内炎が何度も再発して歯茎が白く変色している場合は、歯周病治療を行うことで改善が見込める場合があります。

 

例えば歯を支える骨の部分にまで炎症が及んでいるのであれば、歯周病菌が溜まりやすい歯垢や歯石の除去を行い、感染源を減らしていくような治療を行います。ただし重度の歯周病の場合は、治療期間が長期になりやすく、半年程度の治療が必要になることも少なくありません。

 

歯周病は放置していると骨が壊死してしまうような場合もあるので、なるべく早く治療することをおすすめします。

 

白く変色した歯茎の治療②:膿を出して歯の根をキレイにする

歯が割れてしまったり、傷ついた箇所から歯茎の中に細菌が入り、膿が溜まっていることで歯茎が白く見えることがあります。こういった場合には、歯茎の内部や歯の根から膿を出して、患部をキレイにする処置を行います。

 

膿の溜まり具合によっては歯茎を切開して内部から膿を出す場合もあります。そうして患部をしっかりと消毒してから、抗菌剤や鎮痛剤を投与することで歯茎の腫れを治療します。

 

また先述した根尖病巣(歯髄が壊死して細菌が繁殖しているような症状)の場合も同様に、患部の消毒をして炎症を治療します。基本的には、膿が抜けて炎症が治れば、歯茎の色も正常なピンク色に戻っていきます。

 

歯茎の白い変色治療③:抜歯する

歯が割れてしまっていたり、歯の根が完全に壊死してしまっている場合には、抜歯することもあります。もちろん歯を抜かずに修復できるように治療を進める方法もありますが、それではどうしても治療が難しい場合には抜歯が必要です。

 

抜歯をした後は、歯の根があった箇所の消毒を行い、歯茎に溜まった膿や細菌を除去します。その後は抜歯をした箇所に人工の歯を入れ直したり、目立たない箇所であれば歯を入れない選択肢もあります。

 

当院では審美面でも機能面でもおすすめできる差し歯を取り扱っています。抜歯が必要な症状でも、抜歯後のケアまでトータルでサポートできるので安心です。当院のカウンセリングは無料なので、歯茎の白い変色でお悩みの方は是非お気軽にご相談ください。

 

無料カウンセリング相談フォーム

 

まとめ:歯茎の白い変色は歯肉ガンのサインかも!?変色に気付いたら早めの検診を

まとめ:歯茎の白い変色は歯肉ガンのサインかも!?変色に気付いたら早めの検診を

当記事では歯茎が白く変色する原因やその対処法、具体的な治療方法について解説しました。歯茎が白く変色する主な原因は、以下の5つでしたね。

 

  • 歯茎が白い原因①:歯茎の血行不良
  • 歯茎が白い原因②:歯が割れている
  • 歯茎が白い原因③:歯の根が化膿している(根尖病巣)
  • 歯茎が白い原因④:口内炎
  • 歯茎が白い原因⑤:歯肉ガン

 

これらのほとんどは自宅での治療で完治することが難しく、特に歯肉ガンは素人目には口内炎との区別もつきにくいため、必ず歯科の検診を受けましょう。

 

歯茎が白く変色している原因が判明した後は、一般的には以下のような治療を行います。

 

  • 白く変色した歯茎の治療①:歯周病治療を受ける
  • 白く変色した歯茎の治療②:膿を出して歯の根をキレイにする
  • 白く変色した歯茎の治療③:抜歯する

 

歯茎に膿が溜まってしまっている場合、やはりある程度は大掛かりな治療が必要になります。ですが大掛かりだからと治療を先延ばしにしてしまうと、歯茎が白くて見た目が悪いだけではなく、それ以上の悪影響が出てしまいます。悪化すればそれだけ歯茎の治療にかかる費用も大きくなるでしょう。

 

当院では今回紹介した治療法以外にも、様々なアプローチで歯茎の治療を行います。歯茎の白い変色が気になる方は、気軽に当院の無料カウンセリングを活用してください。

 

無料カウンセリング相談フォーム

 

また歯茎の変色について、黒く変色した場合や赤く変色した場合など、様々な状況に対応したページもございます。こちらもぜひ併せてご覧ください。>>歯茎が変色する原因と適切な治療法|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタルクリニック

監修者情報

松井 泰隆  YASU DENTAL CLINIC 院長

東京歯科大学を卒業後、京都大学医学部附属病院で口腔外科を学び、その後審美歯科やインプラント治療を行う医療法人に勤務し分院長などを歴任。

関連記事

歯茎が青黒いのは危険?健康被害の有無から対処法まで徹底解説|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタルクリニック
2021.09.27 歯茎が青黒いのは危険?健康被害の有無から対処法まで徹底解説|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタルク...
【保存版】歯茎が変色する原因と適切な治療法|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタルクリニック
2021.09.24 【保存版】歯茎が変色する原因と適切な治療法|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタルクリニック
【保存版】歯茎が黒くなる五つの原因!健康被害の有無から対処法まで徹底解説
2021.08.04 歯茎が黒くなる五つの原因!健康被害の有無から対処法まで徹底解説|大阪市天王寺の歯科医院ヤスデンタ...
2020.11.17 痛みのない歯周内科治療3DS(Dental Drug Delivery System)