下の前歯のすきっ歯をダイレクトボンディングで治療した症例

ダイレクトボンディング症例

下の前歯のすきっ歯をダイレクトボンディングで治療した症例

下の前歯のすきっ歯を治したいと来院されました。

ダイレクトボンディングとは

特殊な歯科用樹脂(ハイブリッドセラミック)を、綺麗に詰める治療になります。歯科用樹脂は保険診療でも使用される材料ですが、ダイレクトボンディングで使用されるものとは異なります。

ダイレクトボンディングで使用される物は、摩耗しにくく色のバリエーションも豊富で審美性に優れるのが特徴です。

綺麗にダイレクトボンディングを行うには、接着技術天然歯の形態の模倣技術のこの2点が重要と言われています。

接着が不十分だと隙間から変色したり、段差ができ易くなってしまいます。

治療前

下の前歯に1.5mmほどの隙間がある状態でした。

治療後

歯に確実に接着させる為に、歯の表面の清掃と防湿を確実に行い治療を行いました。

治療前後の比較

樹脂と天然の歯の境目が分からず、段差もない為、綺麗に仕上がりました。

 

患者さまも大変喜んで頂き、もっと早くやっておけば良かったと仰って頂けました。

 

ダイレクトボンディングは、きめ細やかな配慮と一つ一つの手技の丁寧さが重要です

 

年代・性別 40代女性
主訴 前歯のすきっ歯を治したい
治療内容 歯を削らずに、樹脂を充填するダイレクトボンディングを行いました
費用 ダイレクトボンディング1本3万×2本
期間 来院回数1回
リスク・副作用 充填する材料の樹脂は吸水性がある為、数年で変色する可能性があります。

 

 

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

 

関連記事

2021.05.01 すきっ歯と樹脂の変色をダイレクトボンディングで治療した症例
2021.02.12 すきっ歯2本をダイレクトボンディングで治療した症例
2020.09.17 左上前歯のダイレクトボンディングの症例
2020.09.17 前歯4本の歯を削らずに行ったダイレクトボンディングの症例