すきっ歯2本をダイレクトボンディングで治療した症例

ダイレクトボンディング症例

すきっ歯2本をダイレクトボンディングで治療した症例

前から2番目の左右の歯が小さく、すきっ歯が気になると京都よりお越し頂いた患者さまです。

ダイレクトボンディングとは

コンポジットレジンと言われる歯科用樹脂のような材料を、綺麗に詰める治療になります。コンポジットレジンは保険診療でも使用される材料ですが、ダイレクトボンディングで使用されるもは、摩耗しにくく色のバリエーションも豊富で審美性に優れるのが特徴です。

綺麗にダイレクトボンディングを行うには、接着技術天然歯の形態の模倣技術のこの2点が重要と言われています。

接着が不十分だと隙間から変色したり、段差ができ易くなってしまいます。

治療前

2本の歯が小さく隙間が空いてるのが分かります

治療後

すきっ歯にダイレクトボンディングを行いました。

樹脂と天然の歯の境目が分からず、段差もない為、綺麗に仕上がりました。

この際、ご自身の歯は全く削らずに治療できるのもダイレクトボンディングの特徴です。

 

年代・性別 20代女性
主訴 前歯のすきっ歯を綺麗に治したい
治療内容 前から2番目の左右の歯を削らずに、樹脂を充填するダイレクトボンディングを行いました
費用 ダイレクトボンディング1本3万×2本
期間 来院回数1回
リスク・副作用 充填する材料の樹脂は吸水性がある為、数年で変色する可能性があります。

 

 

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

関連記事

2021.05.01 すきっ歯と樹脂の変色をダイレクトボンディングで治療した症例
2021.04.14 下の前歯のすきっ歯をダイレクトボンディングで治療した症例
2020.09.17 左上前歯のダイレクトボンディングの症例
2020.09.17 前歯4本の歯を削らずに行ったダイレクトボンディングの症例