最小限の侵襲で行った全顎治療の症例

全顎治療症例

最小限の侵襲で行った全顎治療の症例

見た目と食事が噛めないことにコンプレックスを持たれている方でした。

この方も総合治療が必要な方でした。インプラントとセラミックを用いて治療しました。ほとんどの歯に虫歯が存在していたので、ただ虫歯治療するのではなく食生活習慣の見直しや今後のトラブルが少なくなる様にご指導させていただきました。

治療前

正面

上顎

下顎

 

治療後

正面

上顎

下顎

 

 

治療内容 ご自身の歯を最大限残しながら、必要最小限の侵襲で審美的で長期的に安定する噛み合わせで治療を行いました。
費用 インプラント1本45万

セラミッククラウン15万×14本

期間 1.3年
リスク・副作用 インプラントの本数を最小限にしているので噛む力を支える歯を守るために夜間の就寝時にマウスピースを着けていただき歯の負担軽減を行なっています。

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

関連記事

2020.09.17 一から噛み合わせを作り直しインプラントを用いた全顎治療の症例