【ガミースマイル】上唇粘膜切除術のメリットやデメリット、ダウンタイムについて

【ガミースマイル】上唇粘膜切除術のメリットやデメリット、ダウンタイムについて

【ガミースマイル】上唇粘膜切除術のメリットやデメリット、ダウンタイムについて

「笑うと歯茎が見えるガミースマイルを改善したい」

「ガミースマイルの治療を検討しているけど、どの治療法が自分に合うのかわからない」

このような疑問をお持ちではありませんか?ガミースマイルは笑った際に歯茎が見える状態を指しますが、その原因はさまざまでそれによって有効な治療法も異なります。

ガミースマイルの治療としては、「歯冠長延長術」や「歯列矯正」「セラミック矯正」「ボトックス注射」などさまざまな方法がありますが、今回は上唇粘膜切除術について解説します。上唇粘膜切除術は、『上唇を持ち上げる筋肉が過度に発達している』方におすすめの治療法です。

当記事では、年間250症例以上のガミースマイル治療を行う当院が、以下の内容について解説します。

  • ・上唇粘膜切除術のメリット
  • ・上唇粘膜切除術のデメリット
  • ・上唇粘膜切除術以外の選択肢
  • ・上唇粘膜切除術のよくある質問

当記事を読んで頂ければ、上唇粘膜切除術のメリットとデメリットやダウンタイムの有無、よくある心配事などがよくわかり、あなたの症状に上唇粘膜切除術が適応するかどうかを理解できます。当院ではガミースマイル治療を年間250症例以上行っており、日本トップクラスのガミースマイル治療症例数となっております。ガミースマイルでお悩みの方は、ぜひ当院のカウンセリングにお越しください。カウンセリングは無料です。

>>上唇粘膜切除術の治療の流れはこちら

WEB予約

上唇粘膜切除術とは?上唇が上がってしまう人に適応

上唇粘膜切除術とは?上唇が上がってしまう人に適応

ガミースマイルといっても、その原因はさまざま。ガミースマイルになる原因は、主に以下の3つです。

  • 歯の長さが短い/歯茎の量が多い
  • ②上唇が上がりすぎている
  • ③歯の位置が下すぎる/前に出過ぎている

上唇粘膜切除術はこの中で、②の上唇が上がりすぎている方に適応する治療法です。具体的には、上唇粘膜切除術では上唇の内側にある粘膜を切除し、縫合することで唇が上がりにくくなります。これまで唇が上がりすぎて見えていた歯茎も、唇が上がりにくくなるため目立ちません。結果としてガミースマイルが分からないようになります。

そんな上唇粘膜切除術ですが、当然さまざまなメリットとデメリットが存在しています。まずはメリットから以下で解説するので、引き続きご覧になってください。

上唇粘膜切除術のメリット5選|筋肉が原因のガミースマイル改善に最適

上唇粘膜切除術のメリット5選|筋肉が原因のガミースマイル改善に最適

ここでは上唇粘膜切除術のメリットを5個紹介します。上唇粘膜切除術のメリットは以下となります。

  • ・メリット①:60分程度の短時間で手術が完了する
  • ・メリット②:上唇を持ち上げる筋肉が原因のガミースマイルに最適
  • ・メリット③:スマイルラインを美しく整えられる
  • ・メリット④:骨格に原因があるガミースマイルも改善する
  • ・メリット⑤:笑った際に上唇が薄くなることを防げる

以下でそれぞれのメリットについて、より詳細に解説します。上唇粘膜切除術のメリットは十分に知っているので、デメリットが知りたいという方は、こちらは読み飛ばしていただいても問題ありません。

メリット①:60分程度の短時間で手術が完了する

上唇粘膜切除術は比較的短期間の手術で治療が完了します。特に当院では、年間250症例以上のガミースマイル治療を担当する院長が、正確かつスピーディーに手術を行うため、基本的には60分以内で治療が完了します。

手術時間が短いことで患者様の身体への負担が少なく、忙しくてなかなか時間が取れないような方にもおすすめです。

メリット②:上唇を持ち上げる筋肉が原因のガミースマイルに最適

上唇粘膜切除術は、ガミースマイルの原因が上唇を持ち上げる筋肉にある場合に、非常に有効な治療法です。上唇を持ち上げる筋肉が発達しすぎていて、笑った時に上唇が過剰に持ち上がってしまうような方には、上唇粘膜切除術が最大の効果を発揮します。

メリット③:スマイルラインを美しく整えられる

上唇粘膜切除術は、単にガミースマイルを改善するだけでなく、スマイルラインを美しく整えるのにも効果的です。上唇を持ち上げる筋肉の発達の仕方によっては、左右片側だけの上唇が大きく持ち上がってしまうような場合があります。左右の上唇の上がり方を加味して上唇粘膜切除術を行うことで、左右均等なスマイルラインを作り出すことが可能です。

メリット④:笑うと上唇が薄くなることを防げる

上唇が持ち上がりすぎてしまうと、ほとんどの方が上唇が内側に丸め込まれて、薄くなってしまいます。上唇が薄くなると、その分だけ歯茎が見える量が多くなり、ガミースマイルと呼ばれる状態になります。

上唇粘膜切除術を行うと、上唇が内側に丸め込まれる前に、上唇が持ち上がることを止められます。そのため上唇が内側に丸め込まれて薄くなることを防ぐことができ、ガミースマイルの改善に繋がります。

メリット⑤:骨格に原因があるガミースマイルも改善する

骨格に原因のあるガミースマイルを治療する際は、本来であれば外科矯正が適応になります。ですが外科手術は大きな手術による侵襲があるため、身体への負担や費用・時間の問題を考えると、外科矯正を選択する方はごくわずかです。

骨格に問題のあるガミースマイルの場合、最も効果が高いのは外科矯正ですが、上唇粘膜切除術でもガミースマイルの改善を行うことができます。実際にどの程度の改善が見込まれるかは診断してみなければわからないので、お気軽に当院のカウンセリングにお越しください。当院は年間250症例以上のガミースマイル治療を行っており、適切な診断を行うことが可能です。

WEB予約

上唇粘膜切除術のデメリット5選|ダウンタイムが存在する

上唇粘膜切除術のデメリット5選|ダウンタイムが存在する

ガミースマイル治療を検討している方、さまざまな術式を比較して現在上唇粘膜切除術を希望している方にとって、最も気になるのは上唇粘膜切除術のメリットよりもデメリットかと思います。

ここでは上唇粘膜切除術のデメリットを、年間250症例以上のガミースマイル治療を行う当院が、包み隠さず解説します。

上唇粘膜切除術の主なデメリットは以下の5つです。

  • ・デメリット①:術後に痛みや腫れが出やすい
  • ・デメリット②:ダウンタイムがある(約2週間)
  • ・デメリット③:後戻りする場合がある
  • ・デメリット④:うっすらと傷口が残る場合がある
  • ・デメリット⑤:一時的に引きつった感じがする場合がある

以下でそれぞれのデメリットについて、より詳細に解説します。メリットの多い上唇粘膜切除術ですが、もちろんデメリットも存在しています。事前にしっかりとデメリットまで把握し、治療を受けるかどうか検討していただければ幸いです。

デメリット①:術後に痛みや腫れが出やすい

上唇粘膜切除術は、上唇の内側の粘膜を広範囲にわたって切除します。そのため痛みや腫れが出やすい治療となります。

当院もよく行う歯冠長延長術(歯が短い/歯茎の量が多い方に適応のあるガミースマイル治療)では、痛みや腫れはほとんど出ませんが、上唇粘膜切除術ではしばらくのあいだ痛みと腫れが出る可能性があります。

デメリット②:ダウンタイムがある(約2週間)

上唇粘膜切除術の大きなデメリットとして、約2週間のダウンタイムが挙げられます。術後の痛みに関しては痛み止めの内服薬で十分にコントロールが可能ですが、問題になりやすいのが内出血です。

体質などにもよりますが、術後に30%程度の確率で、頬や鼻の下に内出血が出現します。この内出血は2週間ほどで完全に消失しますが、人前に出ることが多い方や、結婚式などの予定を控えている方は注意が必要です。

デメリット③:後戻りする場合がある

ダウンタイムと並んで大きなデメリットとなるのが、上唇粘膜切除術は後戻りすることがある、という点です。

  • ・上唇を持ち上げる筋肉が強い方
  • ・唇が柔らかく伸びやすい方

上記に当てはまる方には特に後戻りが起きる傾向が強く、30人に1人~2人程度の確率で、術後に術前と同じくらいの位置まで上唇が持ち上がってしまいます。

また後戻りしたからといって、上唇粘膜切除術は再手術を受けることも難しい治療となります。上唇の粘膜には切除できる範囲が決まっており、切除できる範囲が残っていれば再手術も可能ですが、実際に再手術が可能な方はあまり多くありません。

デメリット④:うっすらと傷口が残る場合がある

上唇粘膜切除術では、術野がお口の中のため、お顔に傷ができることはありません。ただし上唇の内側にはうっすらと1本線の傷口が残る可能性があります。傷跡はお口の内側なので、私生活で周囲からみてわかることはほとんどありませんが、傷跡が残るリスクは考慮しておきましょう。

当院では傷跡を残さないために、極細の糸を用いて、細かく丁寧に拡大鏡を使用して縫合を行います。そのため当院で治療を受けた場合、ほとんど傷跡がわかることはありません。ただし医院によっては縫合技術も異なるため、注意が必要です。

デメリット⑤:一時的に引きつった感じがする場合がある

上唇粘膜切除術では、筋肉が上唇を引き上げるのを防ぐために、上唇の内側の粘膜を縫い縮めます。ですが当然、筋肉は本来の位置まで上唇を引き上げようとするため、術後には上唇が引きつったような感覚になります。

この引きつった感覚は術後少しずつ緩和していき、1ヶ月前後で気にならなくなります。また笑い方も術前と同じように、違和感のない笑い方に戻ります。

上唇粘膜切除術以外の選択肢は?状態に応じて歯冠長延長術も検討しましょう

上唇粘膜切除術以外の選択肢は?状態に応じて歯冠長延長術も検討しましょう

ここまで、上唇粘膜切除術のメリットやデメリットを解説してきました。上唇粘膜切除術はデメリットをしっかりと理解した上で受ければ、メリットの多い優れた治療法です。しかし全ての方に適応となる術式ではありません。

特にガミースマイルの原因が上唇にあるわけでなく、歯が短い・歯茎の量が多いことが原因の場合は、上唇粘膜切除術は適応になりません。こういった場合には、歯冠長延長術が適応となる場合が多いです。>>【ガミースマイル】歯冠長延長術のメリットやデメリット、ダウンタイムについて

ガミースマイルの原因によって、適応となる治療法はさまざまです。当院は年間250症例以上のガミースマイル治療を行っており、患者様の状態に合わせた適切な術式をご提案しますので、ぜひお気軽にカウンセリングにお越しください。

よくある質問:上唇粘膜切除術の心配ごとを解決

よくある質問:上唇粘膜切除術の心配ごとを解決

ここでは、当院によく寄せられる、上唇粘膜切除術についてのご質問に回答します。

特に現在すでに上唇粘膜切除術での手術を希望されている方、上唇粘膜切除術に強い興味を持っている方は、必ず目を通していただきたいです。上唇粘膜切除術についての心配事をしっかりと解決し、安心して手術を受けられるようにしてください。

また知りたい内容が当ページに記載されていない場合は、お気軽にお問い合わせください。

①:人中が長くなることはある?

上唇粘膜切除術を検討している方の多くが、人中(鼻の下)が長くなってしまうことを心配されています。結論としては、上唇粘膜切除術を受けても、人中は長くなりません。上唇粘膜切除術では「笑った際に上唇が上に上がりすぎる」ことを防ぐため、普段の顔貌には影響がありません。そのため人中が長くなるということもないのです。

また上唇粘膜切除術はお口の中の処置のため、外見のお顔や口元が変わることはないので、ご安心ください。

②:後戻りした場合は傷口が見えてしまわない?

上唇粘膜切除術の術後に後戻りが起きた際には、ごく稀に思いっきり笑うと傷口が見えてしまうようになることがあります。

先述した通り、上唇粘膜切除術が後戻りする確率は、30人中1人〜2人ほどです。その中でも、術前と同じくらいまで上唇が上がってしまった方の中でもごく一部の方が、笑った際に傷口が見えてしまいます。

可能性としてはかなり低いですが、全くリスクがないとは言い切れないので、治療を受ける際には事前に十分に説明を受けるようにしてください。

③:術後に元に戻すことはできる?

上唇粘膜切除術を受けた後に、手術を受ける前の状態に戻すことは、非常に困難です。一度処置した粘膜を元通りに戻すのは、ほとんど不可能だと考えていただいた方が良いと思われます。

当院では年間250症例以上のガミースマイル治療を行っておりますが、それでも上唇粘膜切除術の術後の仕上がりをミリ単位で予測することは難しいのが実情です。もちろん可能な限り患者様のご希望に沿えるように治療を行いますが、それでも理想の手術結果にならない場合もあることをご了承ください。

④:上唇粘膜切除術を二回受けることはできる?(再手術・やり直し)

上唇粘膜切除術を二回受けることは、あまり現実的ではありません。当院には、他院で上唇粘膜切除術を受けた後に、やり直しを希望して来院してくださる患者様が大勢おられます。当然当院としても最善を尽くしますが、そもそも上唇粘膜切除術は何度も受けられる治療ではありません。

上唇粘膜切除術をやり直すためには、切除するのに十分な粘膜が残っている必要があります。そもそも粘膜がほとんど残っていない場合は、やり直しはできません。当院にやり直しを希望してご来院くださる方も、実際に再手術ができるのは一部の方に限られます。

上唇粘膜切除術を受ける際は、やり直しが難しいことを理解しておくことが必要です。また一度の手術でなるべく理想的な状態を作るために、ガミースマイル治療に定評のある医院を選ぶことも重要です。

⑤:保険診療は適用できる?

上唇粘膜切除術は保険適用外の治療になります。ただし医療費控除の対象になる可能性があるので、上手に活用できればお得に治療を受けることができます。

>>上唇粘膜切除術の治療費用はこちら

まとめ:上唇粘膜切除術はガミースマイル治療に有効!

まとめ:上唇粘膜切除術はガミースマイル治療に有効!

当ページでは上唇粘膜切除術のメリットやデメリット、よくある質問やその他の選択肢について解説しました。

結論としては、上唇粘膜切除術は「笑った際に上唇を引き上げる筋肉が発達しすぎている」せいでガミースマイルになっている方にお勧めの治療法です。

上唇粘膜切除術を受けるとガミースマイルが改善されますが、ダウンタイムが2週間ほどあり、さらに後戻りしてしまう可能性も低いながらに存在します。こういったデメリットまでしっかりと理解してから、治療に臨むことが重要です。

もちろん上唇粘膜切除術には、ガミースマイルを改善するだけでなく、スマイルラインを整えられるなどさまざまなメリットもあります。メリットとデメリットを比較したうえで、理想的な治療を受けるために、ガミースマイル治療にある程度の経験のある医院を選びましょう。

当院では上唇粘膜切除術を含むガミースマイル治療を年間250件以上手掛けています。ガミースマイルの改善を検討している方は、お気軽に当院の無料カウンセリングを活用してください。

WEB予約

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

監修者情報

松井 泰隆  YASU DENTAL CLINIC 院長

東京歯科大学を卒業後、京都大学医学部附属病院で口腔外科を学び、その後審美歯科やインプラント治療を行う医療法人に勤務し分院長などを歴任。

articles

アクセス・診療時間

Clinic INFO

logo

06-6771-4141

〒543-0074
大阪府大阪市天王寺区六万体町5番18号3階
大阪メトロ谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘駅」駅直結

Googleマップで見る

【診療時間】9:30〜13:00 / 14:30〜18:30
【休診日】水・日・祝日
※祝日のある週は水曜日は通常診療

ご予約・お問い合わせはこちら TEL. 06-6771-4141 相談フォーム