上唇挙筋が発達しているガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)

ガミースマイル症例

上唇挙筋が発達しているガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)

ガミースマイルを主訴に来院されました。

 

ガミースマイルは3つの原因からなります。

①歯の長さが短い

②上唇が上がり過ぎる

③歯の位置の問題

今回は、②の上唇が上がり過ぎることが原因でした。

 

臨床例

治療前

上唇を持ち上げる筋肉(上唇挙筋)が発達していたため、笑うと唇がめくり上がり、10mm以上のガミースマイルを呈していました。

治療中

黄色い矢印の断端同士を縫合して、縫い縮めます。

上唇粘膜切除術を行い、口唇が上りすぎないように治療を行いました。

治療後

上唇粘膜切除を行うことで、上唇挙筋の動きを制限することができました。

治療前後の比較

術前後の比較では、10mm以上のガミースマイルが改善しているのがわかります。

 

当院ではガミースマイルの診断を的確に行い、患者さまごとに合った治療を行っております。

年代・性別 20代女性
主訴 笑うと歯茎が見える。
治療内容 上唇挙筋が発達していた為、上唇粘膜切除術を行いました
費用 10万
期間 治療回数1回(抜糸は別日に必要)
リスク・副作用 しっかりとした診査診断ができていないと正しい治療効果が得られないことがあります。一時的に痛みや腫れを伴うことがあります。

 

ガミースマイルでお困りの方は、是非一度ご相談下さい。

 

ガミースマイル専門サイトはこちら

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

関連記事

2021.06.06 正常よりも歯が4mm短いガミースマイルを治療した症例(歯冠長延長術)
2021.05.28 笑うと上唇が薄くなるガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)
2021.05.21 正常よりも歯が3mmほど短いガミースマイルを治療した症例(歯冠長延長術)
2021.05.16 奥歯まで歯茎が見えるガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)