正常よりも歯が3mmほど短いガミースマイルを治療した症例(歯冠長延長術)

ガミースマイル症例

正常よりも歯が3mmほど短いガミースマイルを治療した症例(歯冠長延長術)

ガミースマイルを主訴に来院されました。

 

ガミースマイルは3つの原因からなります。

①歯の長さが短い

②上唇が上がり過ぎる

③歯の位置の問題

当初、ご自身では唇が上がり過ぎるためガミースマイルになっていると思われていましたが、診断の結果、①の歯の長さに問題があり、平均的な歯の長さより3mm短い状態でした。

臨床例

治療前

歯の長さが短く、笑うと歯茎がたくさん見えてしまう状態でした。

また左右で歯茎の高さが違うため、より審美的に問題がある状態でした。

治療途中

上の写真:本来の歯の長さになるよう歯茎を理想的な形に切除した状態です。一般的にこの段階までの処置を歯肉切除や歯肉整形と言います。歯茎は骨の裏打ちに合わせて高さが決められているので、歯肉切除のみでは必ず後戻りしてしまいます

下の写真:中の骨の形を整え、縫合した後の状態です。骨の形をきちんと整えることで後戻りを防ぐことができます。

抜糸時

処置後1週間後の抜歯時の写真です。まだ少し歯茎は赤く完全には治癒していない状態です。

治療後1ヶ月

1ヶ月経てば、歯茎は完全に治癒し、綺麗な状態です。また傷口も全く分からない状態です。

治療前後の比較(口元)

本来であれば、唇が上がりにくくする上唇粘膜切除術もご希望されていましたが、歯冠長延長術のみで十分審美性が得らので上唇粘膜切除術は行いませんでした。

パッと見た印象が全く違うのがわかります。歯を本来の長さに戻してあげるだけで、ここまで綺麗になります。

治療前後の比較(口腔内)

歯の長さが正常になり、左右で全く同じ歯茎の高さになりました。

 

もうガミースマイルは気にならなくなりました!と大変喜んで頂けました。

 

当院のガミースマイル治療(歯冠長延長術)は、ミリ単位で歯茎の高さを揃え、後戻りがございません。

年代・性別 20代女性
主訴 歯が短く、歯茎の高さが違う
治療内容 歯冠長延長術
費用 1.5万×10本
期間 治療回数1回(抜糸は別日に必要)
リスク・副作用 しっかりとした診査診断ができていないと正しい治療効果が得られないことがあります。一時的に痛みや腫れを伴うことがあります。

 

ガミースマイルでお困りの方は、是非一度ご相談下さい。

 

ガミースマイル専門サイトはこちら

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

関連記事

2021.06.06 正常よりも歯が4mm短いガミースマイルを治療した症例(歯冠長延長術)
2021.05.28 笑うと上唇が薄くなるガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)
2021.05.16 奥歯まで歯茎が見えるガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)
2021.04.30 歯茎の高さが異なるガミースマイルを治療した症例(歯冠長延長術)