歯周病菌を除去してからガミースマイルを治療した症例(歯冠長延長術)

歯の長さが短いガミースマイルを主訴に来院されました。

 

ガミースマイルは3つの原因からなります。

①歯の長さが短い

②上唇が上がり過ぎる

③歯の位置の問題

今回は、①の歯の長さに問題があり、平均的な歯の長さより3mm〜5mm短い状態でした。

臨床例

治療前

歯が短いため笑うと歯茎が3mm以上露出し、また歯石の沈着が多く歯茎が腫れている状態(歯周病)でした。

歯茎が腫れた状態で治療を行うと、治りが悪くなり、術後感染し化膿するリスクがあるので、術前に徹底的に歯周病菌を除去しました。

術直後

理想的な歯の長さに歯茎を整形し、後戻りしないように中の骨の形を整えました。

術前後の比較(口腔内)

術後、歯は本来の長さになり、歯周病菌もなくなり歯茎が引き締まっている状態です。傷口は全く分かず、綺麗に治っている状態です。

術前後の比較(口元)

歯茎を理想的な形態にし、歯の長さを回復するとガミースマイルは改善しました。

自然な笑顔が嬉しいと大変喜んで頂けました。

 

当院のガミースマイル治療は科学的根拠(Evidence Based Medicine)に基づいた治療を行なっております。

年代・性別 20代女性
主訴 笑うと歯茎が見える。
治療内容 歯冠長延長術
費用 1.5万×10本
期間 治療回数1回(抜糸は別日に必要)
リスク・副作用 しっかりとした診査診断ができていないと正しい治療効果が得られないことがあります。一時的に痛みや腫れを伴うことがあります。

 

ガミースマイルでお困りの方は、是非一度ご相談下さい。

 

ガミースマイル専門サイトはこちら

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

 

関連記事

2021.04.30 歯茎の高さが異なるガミースマイルを治療した症例(歯冠長延長術)
2021.04.19 上唇挙筋・上唇鼻翼挙筋の両方が発達しているガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)
2021.04.19 笑うと10mmの歯茎の露出がある重度ガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)
2021.04.06 上唇鼻翼挙筋が発達しているガミースマイルを治療した症例(上唇粘膜切除術)