最小限の本数のインプラントを使用した入れ歯治療の症例

インプラント症例

最小限の本数のインプラントを使用した入れ歯治療の症例

歯科医院に20年ぶりに来院された方でした。

以前の歯医者で歯医者不信になり、そこから自分で入れ歯を作り耐え忍んでこられたようでした。

 

治療前

残っていた4本の歯は全て保存がどうしてもできなかったので、上下とも総義歯で治療を行いました。

 

 

治療後

インプラント埋入

最初に来られた時に、お肉をしっかり噛んで食べたいと希望がございましたのでインプラントを使用し、総義歯が外れないようにしています。

 

義歯

総義歯の内面には、インプラントとの接合装置が組み込まれ何を食べても義歯が外れないようにはまり込む仕組みになっています。

 

義歯装着後

インプラントが支えになっている為、本来の総義歯の形よりかなり小さい義歯になっています。

 

口元

周りから見ても総入れ歯かどうかわからないように自然な仕上がりになっています。

ご希望でもあったお肉も何不自由なく食べれる様になり、大変満足されていました。

 

年代・性別 60代男性
主訴 お肉をしっかり噛んで食べたい
治療内容 最小限の本数のインプラントを使用することで、何を噛んでも外れない総義歯で治療を行いました。
費用 精密金属床義歯1装置50万×2(上と下)

義歯用インプラント1本30万×8本

期間 1年
リスク・副作用 インプラントもご自身のブラッシングを行わないと歯周病になります。天然の歯同様ブラッシングを行い定期的なメンテナンスが重要です。この義歯はご自身で着脱でき、インプラント周囲の清掃が非常に簡単な為、メンテナンスしやすい工夫もされております。

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

関連記事

2022.05.15 インプラントと歯牙移植で治療した症例
2022.02.12 重度歯周病を上顎金属床総義歯と下顎オールオン6(フルインプラントブリッジ)で治療した症例
2021.10.18 若い女性の方でも安心して受けられる入れ歯治療
2020.11.30 トラブルの少ないインプラントポジションとは