右上前歯のクラウン(差し歯)のやり変えた症例

セラミック治療症例

右上前歯のクラウン(差し歯)のやり変えた症例

右上の前歯の差し歯のやり変えを希望され来院されました。

古いプラスチック製の差し歯は既に外した写真になります。

プラスチックを使用した材料は、唾液を吸収し経年的に変色しやすく、時には臭いを放つこともあります。

今回治療に使用した材料はPFZ(Porcelain Fused Zirconia)と呼ばれるジルコニア製のセラミックです。

セラミックなので変色や、劣化がありません。

また作成方法が複雑で、隣の歯の色と合わせるためにジルコニアフレームの表面に何層もセラミックを重ねて色を似せていきます。

 

 

治療前

治療後

是非、治療後の写真を拡大してご覧ください。

一眼レフの高機能カメラで撮影してます。他人に日常生活で差し歯と気付かれることはまずありません。

 

年代・性別 30代男性
主訴 右上前歯の変色が気になるとの事で来院されました
治療内容 右上前歯を変色しないセラミッククラウンで治療を行いました。
費用 セラミッククラウン18万(前歯で差し歯と全く分からないような仕上げ仕様)
期間 3ヶ月
リスク・副作用 仮歯の段階で様々な調整や確認を行なって治療している為、少し治療期間が長くなっています。

 

雑誌掲載

Quintessence of Dental Technology
2018年1月号

 

YASU DENTAL CLINIC

〒543-0074

大阪府大阪市天王寺区六万体町5ー18

大阪メトロ谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅3番出口直結

お問い合わせはこちら(相談フォーム)

関連記事

2020.10.10 金属アレルギーにおけるセラミックを用いたメタルフリー治療
2020.09.17 ラミネートベニアで治療した症例
2020.09.17 前歯3本をセラミックのブリッジで治療した症例
2020.09.17 ダイレクトボンディングとセラミッククラウンを併用した治療した症例